fc2ブログ

新型コロナウイルスの抗体検査開始のお知らせ

新型コロナウイルス抗体検査に対応可能です。

当院では、ロシュ・ダイアグノスティックス社(スイス)の「Elecsys Anti-SARS-CoV-2」を使用します。検体中のSARS-CoV-2に対する抗体(IgGを含む)を検出する定性検査です。

検査方法は採血となります。検査会社に測定を依頼します。結果の判明に3-5日かかります。短時間で結果が判明する簡易の迅速キットについては精度に課題があるとの報告もあるため、当院では簡易検査ではなく、より精密な当検査を採用しました。

以下のような方に新型コロナウイルス抗体検査をお勧めします

すでに新型コロナウイルスの抗体を持っているのか気になる方

少し前に熱や咳などの体調不良があり、回復したものの、それが新型コロナウイルス感染症だったか心配な方


注意事項

・発熱や咳などの症状が続いており、その原因が新型コロナウイルス感染かどうかの診断目的としては、当検査は妥当ではないため施行できません。このような場合のコロナ感染の診断にはPCR検査や抗原検査が必要となります。

・体内で抗体が作られるのには2週間ほどかかりますので、風邪症状などの過去の体調不良が新型コロナウイルス感染症であったかどうかを知りたい方は、症状出現してから2週間以上経ってからの検査をお勧めします

・一般的には抗体が陽性であれば今後の感染予防効果があると考えられますが、新型コロナウイルス抗体についてはまだはっきりとした結論はでておりません。よって、抗体が陽性であれば今後新型コロナウイルスに感染しないと約束できるものではないことをご了承ください。

料金は、5000円(税込)となります(保険適応外)。
予約の必要はございませんので、検査希望の方は直接来院ください。


令和3年6月26日追記:

新型コロナウイルスワクチン接種後の抗体がどれだけついたかをみる検査の対応をはじめました(抗体検査)。コロナウイルススパイク蛋白に対するIgG抗体を、富士レビオ社の研究用試薬「SARS-CoV-2 IgG測定試薬(ⅠB)」を用いて定量測定いたします。検査方法は採血となります。

ワクチン接種後に必ず必要となる検査ではありません。ほとんどの方が2回の接種で十分な抗体を獲得できます。ワクチン打った後に抗体ができているか気になる方にお勧めします


注意事項

・抗体を保有していても、わずかながら感染のリスクは残ります。感染予防は引き続き必要です。

2回目のワクチン接種後、28日間(4週間)以上経過した方が対象となります

・ワクチン接種が必要かどうかの判断には用いることが出来ません。

・感染予防の確立に必要な抗体量は定まっておりません(2021年6月現在)。

料金は、6600円(税込)となります(保険適応外)。
予約の必要はございませんので、検査希望の方は直接来院ください。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

arimuraclinic

Author:arimuraclinic
福岡市中央区荒戸、港、大手門、大濠公園そば、の内科クリニックです

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる