fc2ブログ

脂肪肝について

肝臓に中性脂肪が蓄積した状態を脂肪肝といいます(フランス料理のフォアグラに例えられます)。

話題のメタボリックシンドローム(メタボ)は内臓脂肪蓄積が重要視されていますが、脂肪肝はまさにメタボの肝病変です。

脂肪肝は年々増加傾向で、男性の3人に1人、女性の5人に1人は脂肪肝です。非肥満者でもなりえるので注意が必要です。

脂肪肝はアルコール性と非アルコール性に大別されます。

・アルコール性:行き過ぎた飲酒
・非アルコール性:栄養過多・肥満・糖尿病など

脂肪肝であるかどうかは、腹部エコーで診断可能です。

10年以上前までは、脂肪肝は肝硬変や肝臓がんへは進行しないと考えられていました(単純性脂肪肝)。
ところが最近の研究で、大量飲酒が原因でない脂肪肝でも肝炎が持続し、肝硬変、肝がんへと進行することがあるとわかってきました。

このような悪化するタイプの脂肪肝が、アルコールを飲まない人におこる場合を非アルコール性脂肪肝炎(NASH、ナッシュ)と呼び、近年の生活習慣病の増加に伴い注目されている肝臓病の一つです。

単純性脂肪肝の約10%がナッシュであると報告されており、日本人のナッシュ患者は100万人とも推定されています。

現在のところナッシュとなる原因は不明ですが、単純性脂肪肝の状態に以下の項目(ナッシュ危険因子)が多く該当、そして長期間持続する人ほど要注意といわれています。

 肥満、糖尿病、脂質異常症、高血圧、
 睡眠時無呼吸症候群  など

ナッシュの診断は、最終的には肝生検(肝臓に針を刺して細胞を採取して顕微鏡でみて判定)が必要ですが、採血などである程度ナッシュかどうかを疑うことは可能です。

ナッシュと診断された場合は、治療として生活習慣の改善や内服薬などで、脂肪肝の改善、ナッシュ危険因子の排除などを目指します。定期的な採血、画像検査(腹部エコーなど)も必要となります。

健診などの採血で肝障害を指摘されている方、長い間脂肪肝と言われ続けている方などで、特にナッシュ危険因子に多く当てはまる場合は、一度主治医に相談されてみてください。

脂肪肝から肝臓がんの発症リスク
 お酒を多く飲む人は、飲まない人の27
 糖尿病のある人は、そうでない人の27
 採血で肝臓の数値が高い人は、そうでない人の9

      肝臓がんになりやすいことがわかっています。


たかが脂肪肝と油断するのは危険です。
一度は、肝臓専門医にご相談ください。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

arimuraclinic

Author:arimuraclinic
福岡市中央区荒戸、港、大手門、大濠公園そば、の内科クリニックです

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる