FC2ブログ

ピロリ菌のチェックは大事です

☆ピロリ菌とは

・正式名はヘリコバクター・ピロリといい、1980年代に発見されました。
・胃の中に住み着き、胃の壁を傷つけます。
・主に幼年期(45歳ごろまで)に感染すると考えられています。
・感染経路は経口感染です。井戸水、便・嘔吐物、子供への口移し、などからの感染が考えられています。
・上下水道が設備されていない(衛生環境が悪い)ような国や地域で感染率が高くなっています。


☆日本人のピロリ菌感染率

上下水道が十分完備されていなかった時代に生まれ育った世代の人のピロリ菌感染率は約80%前後と高いのですが、衛生状態のよい環境で育った若い世代の感染率は年々低くなっています。
それでも、現時点において50歳代以上の70%近くがピロリ菌に感染していると言われています。
ピロリ菌は様々な病気に関連することが知られていますが、日常臨床で問題になることが多いのは、胃潰瘍・十二指腸潰瘍の原因菌になること、萎縮性胃炎となり胃癌が発生することです。


☆どうして胃潰瘍や胃がんになるの?

幼年期に胃に感染したピロリ菌は、長い年月をかけて胃・十二指腸に炎症を与え続け、ストレスなどをきっかけに胃・十二指腸潰瘍をきたしたり、長期間持続する炎症のため胃粘膜が傷み(萎縮性胃炎)、傷んだ粘膜から胃がんが発生するといわれています。


☆ピロリ菌除菌治療を行うメリットは?

胃・十二指腸潰瘍の1年以内の再発率は70%といわれています(継続した胃薬の内服をしない場合)。ピロリ菌除菌を行うと、再発率が2%と著明に低下するといわれており、潰瘍出現抑制効果があります。

ピロリ菌除菌を行うと胃粘膜の傷みの進行が抑制されることにより、胃がん予防効果が確認されています。特に50歳以前と若い年齢時に除菌を行うほど高い胃がん予防効果を期待できますが、60歳代でも除菌を行うことでその後に胃がんが出現する確率が1/24/5に減少するといわれています。

慢性的な胃痛、胃もたれの原因として、ピロリ菌感染も原因の一つとしてあげられます。ピロリ菌除菌することにより、これらの症状改善効果が期待できます。


☆ピロリ菌の感染診断法(保険診療の場合)

まず胃カメラにて、ピロリ菌に感染している胃に見られる萎縮性胃炎の有無などをチェックします。ピロリ菌に感染している可能性が高いと判断されれば、採血などでピロリ菌感染有無の検査を行います。


☆ピロリ菌の除菌治療

抗生剤2種類と胃薬1種類の計3種類のお薬を12回朝夕食後、7日間内服してもらいます。
治療の2〜3ヶ月後、必ず除菌がうまくいったかの確認検査が必要です。
除菌成功率は、1回の治療で約70%、2回目まで治療を行って約90%です。
除菌治療薬の内服にて、3割弱の方に下痢・軟便、1割の方に味覚異常・舌炎などの口腔症状、皮疹などの副作用が出現するといわれていますが、副作用が軽度の場合は内服治療の継続可能です。

風疹ワクチン接種の大切さ

☆風疹の予防には、予防接種が効果的です。

予防接種の主な目的のひとつは、妊婦が風疹にかかることによって、生まれてくる赤ちゃんが先天性風疹症候群の障害をもつことのないように、あらかじめ予防することです
多くの人が予防接種を受けると、個人が風疹から守られるだけでなく、ほかの人に風疹をうつすことが少なくなり、社会全体が風疹から守られることになります。


☆自分が予防接種を受けているか、母子手帳で確認してみてください。

昭和3742日より風疹ワクチン定期接種が行われていますが、当初は女子のみ対象であったりその後も接種対象年齢の変更があったりと接種状況は複雑で、平成241日以前に生まれた方は、予防接種を受けていない可能性があります


☆以下の方は予防接種を受けましょう

過去に風疹にかかったことがない方
過去に予防接種を受けていない方
特に次の方は、予防接種を受けることを是非ご検討ください
・妊婦の、夫・お子さん・その他の同居のご家族
・妊娠を希望する方または妊娠する可能性の高い女性

なお、妊婦は予防接種を受けることはできません。

プラセンタお勧めします

プラセンタで、お体の総合的なメンテナンスをお勧めします。

胎盤は母体と胎児をつなぐ重要な役割を果たす器官であるため、生命を維持するための豊富な成長因子や栄養素などが含まれています。プラセンタは、胎盤から成長因子や栄養素などを抽出して作られています。


☆プラセンタの働きについて

・抗酸化作用、活性酸素除去作用

プラセンタのもつ有名な作用です。酸化とは簡単に言えば「サビる」ということです。
体内で酸化が起こるメカニズムは、体内に取り込まれた酸素の一部は活性酸素となります。この活性酸素は体を守るために利用されるという大切な役割を持っています。しかし、非常に強力な酸化作用も持っているため、活性酸素が増えすぎると悪影響を及ぼします。酸化が体の各種の細胞や臓器に起きてしまうと、動脈硬化、糖尿病、心筋梗塞、脳梗塞、肝炎、ガンなどの生活習慣病や数多くの病気の引き金になります。肌が酸化すると、シワやたるみ、シミとなります。
プラセンタは高い抗酸化作用、過剰になった活性酸素除去作用を持つので、体に良い影響を与えます。

・ホルモンバランスを整える作用
ホルモンバランスは不規則な生活、ストレス、飲酒、喫煙、過度のダイエット、運動不足などによって崩れてしまうことがあります。これは身体に悪影響を与え、老化を促進させる恐れがあります。
プラセンタにはホルモンを適正な状態にするホルモン調節の働きがあり、身体への悪影響を取り除く効果があります。
さらに精神を安定させる抗ストレスの効果、疲労回復の効果があることがわかっています。


☆プラセンタの有効性

プラセンタは、次のような病気や症状の改善に有効とされています。

慢性疲労、冷え、肩こり、滋養強壮、精力増進
アンチエイジング(抗老化)、若返り目的
生理不順、更年期障害
花粉症、肌荒れ、片頭痛、便通異常、肝機能障害 など


☆プラセンタの投与法

プラセンタ注射を週1-2回受けることをお勧めします。
プラセンタ注射は、1本1000円となります(自費診療)。
プラセンタの内服薬もあります(JBPポーサイン100)。内服用プラセンタは1箱(100カプセル入り)12,000円となります。1日2カプセル以上の内服をお勧めします。
診察料は薬代に含まれますが、注射1回につき200円が別途かかります。また初診時は初診料として別途2820円かかります。


☆プラセンタに関しては、以下のメーカーHPも参照ください。

プラセンタ注射(メルスモン)について
メルスモン製薬株式会社

プラセンタ注射(ラエンネック)、JBPポーサインについて
株式会社日本生物製剤

初めまして

福岡市中央区荒戸、港、大手門、大濠公園そば、の内科クリニックです。

当院ホームページで紹介できないことは、こちらで紹介していきたいと思います。
ちなみに、ホームページは専門の業者に依頼して作成したものではなく院長が直接作成しておりますので、見辛いなどあろうかと思いますがご容赦ください。

それでは、よろしくお願いします。
プロフィール

arimuraclinic

Author:arimuraclinic
福岡市中央区荒戸、港、大手門、大濠公園そば、の内科クリニックです

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる