FC2ブログ

プラセンタお勧めします

プラセンタで、お体の総合的なメンテナンスをお勧めします。

胎盤は母体と胎児をつなぐ重要な役割を果たす器官であるため、生命を維持するための豊富な成長因子や栄養素などが含まれています。プラセンタは、胎盤から成長因子や栄養素などを抽出して作られています。


☆プラセンタの働きについて

・抗酸化作用、活性酸素除去作用

プラセンタのもつ有名な作用です。酸化とは簡単に言えば「サビる」ということです。
体内で酸化が起こるメカニズムは、体内に取り込まれた酸素の一部は活性酸素となります。この活性酸素は体を守るために利用されるという大切な役割を持っています。しかし、非常に強力な酸化作用も持っているため、活性酸素が増えすぎると悪影響を及ぼします。酸化が体の各種の細胞や臓器に起きてしまうと、動脈硬化、糖尿病、心筋梗塞、脳梗塞、肝炎、ガンなどの生活習慣病や数多くの病気の引き金になります。肌が酸化すると、シワやたるみ、シミとなります。
プラセンタは高い抗酸化作用、過剰になった活性酸素除去作用を持つので、体に良い影響を与えます。

・ホルモンバランスを整える作用
ホルモンバランスは不規則な生活、ストレス、飲酒、喫煙、過度のダイエット、運動不足などによって崩れてしまうことがあります。これは身体に悪影響を与え、老化を促進させる恐れがあります。
プラセンタにはホルモンを適正な状態にするホルモン調節の働きがあり、身体への悪影響を取り除く効果があります。
さらに精神を安定させる抗ストレスの効果、疲労回復の効果があることがわかっています。


☆プラセンタの有効性

プラセンタは、次のような病気や症状の改善に有効とされています。

慢性疲労、冷え、肩こり、滋養強壮、精力増進
アンチエイジング(抗老化)、若返り目的
生理不順、更年期障害
花粉症、肌荒れ、片頭痛、便通異常、肝機能障害 など


☆プラセンタの投与法

プラセンタ注射を週1-2回受けることをお勧めします。
プラセンタ注射は、1本1000円となります(自費診療)。
プラセンタの内服薬もあります(JBPポーサイン100)。内服用プラセンタは1箱(100カプセル入り)12,000円となります。1日2カプセル以上の内服をお勧めします。
診察料は薬代に含まれますが、注射1回につき200円が別途かかります。また初診時は初診料として別途2820円かかります。


☆プラセンタに関しては、以下のメーカーHPも参照ください。

プラセンタ注射(メルスモン)について
メルスモン製薬株式会社

プラセンタ注射(ラエンネック)、JBPポーサインについて
株式会社日本生物製剤
スポンサーサイト
プロフィール

arimuraclinic

Author:arimuraclinic
福岡市中央区荒戸、港、大手門、大濠公園そば、の内科クリニックです

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる