FC2ブログ

(2型)糖尿病について(2)

糖尿病治療の目標は、血糖や体重、血圧、血清脂質の良好なコントロールを維持することで、合併症の発症や進展を阻止し、健康な人と変わらない日常生活の質や寿命を確保することです。

糖尿病と診断され、治療が必要になった場合には、食事療法運動療法、そして薬物療法が大切になります。


採血でわかるHbA1c(ヘモグロビンエーワンシー)とは?



HbA1c7%未満を目標とします。


糖尿病の食事療法

適正なエネルギー摂取量の目安
男性:14002400kcal
女性:12002000kcal

適正エネルギー摂取量は、体重、肥満度、日頃の活動内容(デスクワークや力仕事など)によって各人異なります。

食習慣に問題があれば、まずそこから変えましょう。




糖尿病の運動療法




糖尿病の薬物療法

糖尿病の病態にあわせた薬を使用します(主に内服薬)。インスリン分泌を促進させる薬、インスリン抵抗性を改善させる薬、食後高血糖を改善させる薬に分類されます。

内服薬を3種類以上使用しても血糖コントロールが十分でない場合は、インスリン注射を行わない限り良好な血糖コントロールは困難です。インスリン治療で血糖コントロールが良好となった場合、インスリン注射の中止が可能な場合もあります。


糖尿病治療の注意点

糖尿病の治療中に、風邪や腸炎などで食事が摂れなくなるなどの体調不良の状態(シックデイといいます)となると、血糖コントロールが難しくなり、高血糖低血糖(血糖値が下がりすぎる状態)のどちらも起こりやすくなります。薬の減量など調整が必要になりますので、シックデイの状態を放置せず主治医に相談してください。

低血糖の症状としては、動悸、冷汗、異常な空腹感、目のかすみ、生あくび、思考力の低下などが出現し、意識障害を起こすこともあります。




低血糖を起こしたら、ブドウ糖を飲んでください。ブドウ糖がなければ、砂糖、アメ玉、チョコレート、ブドウ糖を多く含む清涼飲料水などを摂取してください。



スポンサーサイト

(2型)糖尿病について(1)

糖尿病患者が増えています。

糖尿病の患者数は、予備軍を含めると5年間で約590万人も増えており、依然として増加傾向にあります。




どうして糖尿病になるのでしょうか。

私たちが食物から得たエネルギーは「」となり、膵臓から作られる「インスリン」というホルモンによって筋肉や肝臓、脂肪に取り込まれ、エネルギーとして使われます。

糖尿病とは、食べ過ぎや運動不足に加え、インスリンの分泌量が不足したり、効きが悪くなったりするために血液中の糖分が多い状態=高血糖が長く続く状態です。




特に、糖尿病の早期では食事の後の血糖値(食後高血糖)が上昇していることが知られています。

食後の血糖値が150以上だと糖尿病やその予備軍の可能性があります。血糖値200以上だと糖尿病です。


糖尿病は動脈硬化などの合併症をひき起こします

高血糖が続き、糖尿病状態が続くと、口渇、多飲、多尿といった症状がでてきます。血糖コントロール不良の糖尿病の状態が長期間続くと、眼底出血(最悪失明をきたす)、腎障害(透析の原因の第1位)、神経障害(異常感覚など)といった糖尿病細小血管合併症や、心臓病(狭心症や心筋梗塞)、脳卒中、などの動脈硬化性疾患の発症や進展が引き起こされます(動脈硬化の進展具合は健常人と比べ20年早い)。また、肝臓癌など癌の発生する率が高くなることも知られています。




糖尿病治療の目標、治療内容に関しては、糖尿病について(2)へ続く。

プロフィール

arimuraclinic

Author:arimuraclinic
福岡市中央区荒戸、港、大手門、大濠公園そば、の内科クリニックです

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる