FC2ブログ

院長が検査受けてみました

早速、院長が検査を受けてみました。

AICS(アミノインデックスがんリスクスクリーニング)の結果

AICS


胃がん、肺がん、大腸がん、膵臓がん、前立腺がん、のどれも「ランクA」でした。
ホッとできる結果でした(^^)。

現在のところ、がんである可能性は「ランクA」だと、ランクAの人10000人に1〜8人となります。「ランクB」だと10000人に3〜25人、「ランクC」だと32〜109人とがんである可能性が高くなります。
注意が必要なのは、「ランクA」だからといって100%がんではないとは言い切れませんので、過信は禁物です。他のがん検診や人間ドックを受けなくても大丈夫というわけではありません(この検査と上手に組み合わせることによって、がん検診や人間ドックの回数を減らすことは可能と考えます)。
毎年AICSの検査を受けて、AICS値が上昇してきたら要注意とも言われています。


同時に、AILS(アミノインデックス生活習慣病リスクスクリーニング)の結果もわかります。

AILS


「10年以内のに脳卒中・心筋梗塞発症リスク」は、「ランクB」。
「4年以内の糖尿病発症リスク」は、「ランクA」。
「血液中のアミノ酸レベル」は、「通常」。
との結果でした。

健康診断では、血圧は正常、採血でコレステロール値などすべて正常、でしたので、「脳卒中・心筋梗塞発症リスク」がランクBとやや高い(ランクAの人と比べて3.9倍のリスク)という結果には驚きでしたが、もうすぐ50歳という年齢を考慮すると当然の結果かもしれません。動脈硬化の進行を気にしないといけない歳になっているということですね。食事、運動などに気を使いたいと思います。


このような検査にて、健康に対する意識が変わると思いますので、ぜひ受けられることをお勧めします。

胃カメラについて

当院で施行可能な検査の一つ、胃カメラを紹介したいと思います。

次の症状の方には、特に胃カメラをお勧めします。

胸焼け症状のある方
逆流性食道炎の可能性が高いですが、食道がんの可能性もあります。
また、以下の項目に当てはまる場合(特に飲酒と喫煙)は、食道がんの高リスクとなりますので、年に1回の胃カメラ検査をお勧めします。

50歳以上の男性
大酒家(特に飲酒始めた時期は少量飲酒で顔面紅潮などのフラッシング反応を起こしていた者)
喫煙者
熱い食餌を好む者、野菜の摂取が少ない者
喉のがんの既往のある者
食道がんの家族歴のある者




胃の調子が悪い方
強い胃痛が続く場合は、胃潰瘍十二指腸潰瘍の可能性が高いです。
胃の調子が徐々に悪化してきている場合は、胃がんの可能性があります。
慢性的に胃の調子が悪い人は、ヘリコバクターピロリ感染胃炎を起こしている場合があります。ピロリ感染胃炎は、胃がん発生の原因となりますので、年に1回の胃カメラ検査をお勧めします。ピロリ菌に関しては、こちら(←クリック)を参照ください。

また、当院は福岡市の胃がん検診として、他で施行した健診などの胃透視(バリウム検査)などで異常を指摘され二次検診(精密検査)が必要になった場合、の胃カメラにも対応しています。

当院で行なっている胃カメラに関しては、こちら(←クリック)を参照ください。

その他、ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせいただければ幸いです。

AICS(アミノインデックスがんリスクスクリーニング)とは

少量(5ml)の血液から血液中のアミノ酸濃度を測定し、健康な人とがんである人のアミノ酸濃度バランスの違いを統計的に解析することで、現在、がんであるリスクを評価する新しい検査です。

早期の癌にも対応しており、複数の種類の癌の検査ができます。 ただし、この検査で癌であるとかないとかを確定できるわけではなく、リスクが高いかどうかを判定するのみです。リスクが高いと判定された場合、その後の検査が必要です。

対応している癌は男性では胃がん、肺がん、大腸がん、膵臓がん、前立腺がんの合計5種類女性では胃がん、肺がん、大腸がん、膵臓がん、乳がん、子宮がん・卵巣がんの合計6種類のがんに対するリスクを評価します。

検査希望の方は予約が必要ですので、直接来院されるかお電話にてお問い合わせください。
以下の注意事項を参考にされ、午前中に来院ください。
・検査の8時間前から検査まで、水以外(食事、サプリメント、牛乳、ジュース等)は摂らないでください。
・検査前夜の激しい運動や当日朝の運動はお控えください。
・妊娠されている場合、AICS値に影響がありますので、検査は受けられません。
・薬剤のAICS値への影響に関しては分かっておりません。 可能であれば検査当日朝の内服は控えられた方が望ましいですが、検査当日のお薬の服用方法については、事前に当該内服薬を処方している主治医にご相談の上、その指示に従ってください。


また、AICSと同時に、AILS(アミノインデックス生活習慣病リスクスクリーニング)の測定も可能です。
AILSとは、血液中のアミノ酸濃度のバランスから、4年以内に糖尿病を発症するリスクを評価する検査です。併せて、10年以内に脳卒中・心筋梗塞を発症するリスクを評価することも可能です。

注意事項などはAICSと同様となります。

検査料金ですが、健康保険の適応となりませんので、費用は自己負担となります。
当院では、AICSとAILSあわせて25000円(税込)で、実施しています。

アミノインデックスによるリスクスクリーニング検査に関しては、アミノインデックス技術を開発した味の素株式会社のホームページ(←クリック)も参照ください。

年末年始の休診のお知らせ

年内の診療は12/29(土曜日)の13時までとなり、12/29午後より1/3まで休診とさせていただきます。1/4(金曜日)9時より通常通りの診療となります。よろしくお願いいたしします。

年末年始休診日

11-12月の診療について

11-12月は、臨時休診の予定はございません。
プロフィール

arimuraclinic

Author:arimuraclinic
福岡市中央区荒戸、港、大手門、大濠公園そば、の内科クリニックです

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる